土鍋で炊くと美味しい

土鍋で炊いた米は最高に美味しい

電気炊飯器や鍋など、米を炊く道具にはさまざまなものがありますが、中でも土鍋は、米本来のふっくら感や甘味をしっかりと引き出してくれます。そのため、土鍋で炊いた米がとても美味しい、と感じる人も多いのではないでしょうか。では、なぜ土鍋で炊いた米はそれほどまでに美味しく感じるのでしょう。米は炊き方によって味が大きく左右されます。火加減や加熱時間などを間違えると、高級な米でもあまり美味しさを引き出すことができなくなってしまいます。温度がゆっくりと上昇する土鍋は、米を調理するのに適している道具であり、米の持つ柔らかさや甘味をうまく引き出します。炊き始めから大体10分ほどで沸騰し、そこから15分程度炊いた後、火を止め蒸らします。土鍋で米を炊くとその工程一つ一つが、米本来の美味しさをていねいに引き出してくれるのです。

意外と簡単、土鍋でご飯

日本人にとって大切な主食であるお米は食卓に登場する機会が多く、「炊く」という調理がほとんどです。そして「炊く」為の調理道具として使われているのが炊飯器です。家電としての炊飯器は進化を続けて来ました。ごはんが炊けたら保温に切り替わる、お米を研いでタイマーをセットしておけば希望の時間に炊き上がる、同時に美味しいごはんを炊くという面でも進化しています。何より炊飯器はスイッチを押すだけです。昔、お米を炊くには、竈、お釜、火加減といった現代の私達が考えると一体どこからどうして良いのか…という労働でした。しかしその労働の末に出来上がるごはんは如何にも美味しそうに見えたものです。今、美味しいごはんを求めて土鍋での炊飯が見直されています。土鍋は遠赤外線効果でじっくりと熱を伝える事が出来て、保温力も高い事が炊飯に適している点です。炊飯専用の土鍋も数多く生産され、火加減などもそれ程難しくなく美味しいごはんが炊けるのが魅力です。

美味しさの秘訣は温度にあり!土鍋で炊くご飯の秘密

土鍋で米を炊くと美味しいということをご存知の方は多いと思いますが、なぜ美味しくなるか知っていますか?実はその理由は温度にあります。そもそも米のうまみとは米に含まれている酵素が深く関係しており、酵素の名前をアミラーゼと言います。このアミラーゼが米のでんぷんを分解することで、独特のうまみと甘みを生み出しているのです。ですから、米を美味しく炊くにはアミラーゼの活動を活発にしてあげなければいけません。アミラーゼが最も働く温度は40~50℃。つまり、この温度をいかに長く保つかがポイントになります。土鍋を火にかけると、金属製の鍋に比べて内部がゆっくりと温まっていきます。そのため、40~50℃を維持する時間が長くなるのです。特に、焚き始めてから沸騰するまでにじっくりと時間をかけると、より一層うまみが引き出されます。「はじめちょろちょろ」と言われる炊き方のゆえんはここにあったのです。このポイントをおさえれば、土鍋ご飯がますます美味しく焚くことができます。