美味くなる精米方法

覚えておこう!精米のコツ

お米には、もともと黄色い殻に包まれています。この殻付きのお米のことを「籾」と言いますが、この籾を除去したお米を、玄米と言います。玄米はぬか層に包まれていて、このぬかを除去することを精米と言います。一般的には、精米したてのお米が美味しいと言われています。そのため、玄米で購入しておいて、毎日食べる分だけコイン精米機や家庭用精米機を使用して食べるのが一番美味しいです。最近は、家庭用精米機も普及してきましたので、自分自身で精米を行う人もいるでしょう。しかし、どのくらい精米をすれば良いのか見極めが難しいのも現状です。精米は、見た目が白くなるのを確認するだけではなく、お米をぎゅっと握った時のちょうど良い感触を覚えておきましょう。ぎゅっと握った時に、ギチギチでキシュっとなると精米しすぎです。モソッとした感じは精米不足です。ぜひ、手の感触にて試してみてください。

米を美味しくする精米方法

お米がまずいと感じるときとお米が美味しいと感じるときがあるという経験をされたことがある人は多いです。これは米自体の差に起因する場合も多いです。しかし、精米方法に問題があるケースも多いです。精米の仕方によって美味しいお米になるかどうかが決まるとも言えます。そもそも白米は、精米しもみ殻を排除して作られます。そのため、白米を食べるためには精米が必要不可欠な過程です。ですが、精米をしてしまった時点から、お米は白い部分がむき出しとなってしまい時間が経てば経つほど水分が抜けていき、かたいお米になってしまいます。このように精米をしてから時間をおいてしまったお米はまずいお米になってしまいます。そのため、精米をする際には直近で自分が食べる分だけを精米し、一度に大量の精米をするのは避けた方が得策です。このような精米をすると美味しいままお米を食べることができます。

精米で変わるお米の美味しさ

私たちがお米を白米として食べるときに必要な作業の一つとして、精米があります。精米とは、茶色いもみがらの付いた玄米のもみがらの部分を削り落とすことで、真っ白な白米にする作業のことです。これによって、もみがらの固い食感や雑味を無くすことができるため、モチモチとした食感や、お米の甘みを楽しめるようになるのです。従って、この精米の方法や質によって、白米が美味しくなるかどうか、あるいはどんな味わいになるか、さらには栄養価までもが大きく変わってくるのです。例えば、お米の外側を分厚く削ってしまうような精米では、もみがらの内側の白米の部分まで削ってしまい、粒は小さく、食感は弱くなってしまう傾向にあります。また、精米していない状態の玄米にも良さがあります。殻の食感が楽しめること、また栄養価の高さにも注目が集まっています。目的に合った精米で、美味しいお米をさらに美味しく頂きましょう。