美味しい米は通販で!

最近は米の通販の種類が増えてきたので、ネット通販で米を買っている人が増えてきたそうです。実際スーパーに行って買うのって大変だし、車を運転できない人は重たい米を持って帰るのは嫌ですよね。しかし通販は重たいお米を玄関まで運んでくれるんです。しかし、通販の米って高そうって思われたりおいしいか不安と思う方も多いかもしれませんが、むしろ逆なんです。通販の米は精米方法を選べたり、地方で販売している米を購入できたりするのにも関わらず料金が安かったり小売していたり、色々お得なことが多いのです。今回は、私がおすすめしたい通販のお米の紹介や、美味しい米を食べるための方法などを紹介します。初めて買うので不安という人は参考にしてみてくださいね。

米の通販で売っている商品

群馬県産 ぐんまい (2,533円~)

農家自慢の特選配合米で、お米の味を生かし、相性の良いお米を混ぜることでコシヒカリとは違う美味しさがあります。 他店では手に入らない農家の味です。

群馬県産 こしひかり (2,980円~)

良質な土壌で育てた群馬県のお米で、農薬の使用回数は1~2回なので群馬県の特別栽培の基準値内です。 お子様にも安心して食べていただきたいので、 最小限の農薬を心掛けて育てました。

米の美味しい炊き方

お米の美味しい炊き方のポイントとしては、まず「はかりでしっかり量を測る」というところです。計量カップを使って必要な量を正しく測ってから、お米を研ぎます。この時も素早く行うことで風味を損なわないようにする事が大切ですし、洗い過ぎてしまうと米が割れてしまうので大体4回から5回程度繰り返します。研ぎ方としてはさっとかき混ぜるようにして洗うと言うのが美味しい炊き方のコツになっていますし、使う水もミネラルウォーターや浄水器のものを使うとより美味しくなるのでおすすめです。研ぎ終わった米はすぐに炊くのではなく水を切ってラップをかけた状態で10分ほど寝かし、夏場は30分程度・冬場は1時間程度水に浸けてから炊くようにします。ちなみに炊飯器の内側に水気が残っているとお米がそれを吸ってしまうので、内側の水気を拭き取っておくのも美味しい炊き方のポイントになっています。

米の美味しい食べ方

炊き立てのお米はつやつやとしていて、食べると甘味があります。炊飯器に対して適切な量を炊くことで、米本来の美味しい味を堪能することができますが、一人暮らしなど少量を炊く場合は、出来上がりが固くなってしまうこともあります。お米は保存方法によって日にちがたっても美味しく食べることができるので、ある程度多く炊いてしまった方が良いでしょう。お米の美味しい食べ方としては、小分けに冷凍をするのがポイントです。冷凍用の保存容器に入れても良いのですが、保存容器は空気に触れている部分が多くなり、解凍した時に冷凍特有の臭いがすることがあります。ラップで押し付けない程度に薄くのばし冷凍すると良いでしょう。解凍も電子れレンジで数分加熱するとふっくらしあがります。すぐに食べるよりも2分程度ラップに包んだままの方が蒸気によって蒸されるのでよりふっくらとなります。

美味しい米でおにぎりを作る

米粒が仲良く結束しているのがおむすびですから、アツアツのうちに結ぶのが美味しいお米を生かしたおむすびの作り方です。具材を乗せ終わったら、手水で濡らした手に塩をまぶしてごはんをむすびます。塩の量は食べる際のおむすびの温度を考慮して変えます。アツアツの状態か、ほんのりと温かい状態か、冷めきった状態かで分け、アツアツなら片手の中央三本の指の第二関節くらいまで塩をくっつけ両手になじませてからむすぶと美味しいです。冷めきってから食べるなら、その1.5倍ほどの塩を使い、両手になじませたときに、塩でじゃりじゃりしているくらいがちょうどいい塩梅です。アツアツの状態では塩分を感じやすく、冷めていると感じにくいですし、具材を入れない塩むすびではとくに塩をきつめにしたほうが断然美味しくなります。塩は結晶が手に平になじみやすい自然塩が適しています。